隣県のミコアイサ(2)

眠りから覚めたミコアイサは、しばらくして隣りの氷結していない湖面へ飛び立つ。

e0385660_21562916.jpg
















右に

e0385660_21570871.jpg

















e0385660_21574385.jpg
















左に

e0385660_21582132.jpg


# by 4qz748c5 | 2019-01-14 07:47 | ミコアイサ | Comments(0)

隣県のミコアイサ(1)

MF近辺のミコアイサオスが警戒心の強いものばかりであるので、他の方のブログの飛来情報を見て、隣県のI公園に出掛けた。ここは氷の張っていない湖面の中央部にカモ類が集中し、湖面の反対側に行かないので比較的近くで写真が撮ることが出来る。
湖面の凍結は2017年12月下旬にミコアイサオスを撮った時よりは緩やかであり、カモ類の分布範囲もその分広かったが、2羽のミコアイサオスが居た。

e0385660_21172474.jpg

















e0385660_21181321.jpg

















e0385660_21184362.jpg
















白さが目立つ個体
未だ、日差しがあったので、後頭部で緑色を見せる。しかし、目の周りは黒いまま。

e0385660_21203191.jpg

















e0385660_21213461.jpg

















e0385660_21230034.jpg
















前記のものよりはやや黒い部分の多い個体

e0385660_21235042.jpg

















e0385660_21243767.jpg
















当初は近くには寄ってこなかったミコアイサであったが、段々警戒心を解いて近づいてきた。
だが、その時には曇りがちとなり、後頭部や目の周りの緑色は見えず、残念。

e0385660_21242414.jpg

















e0385660_21544384.jpg




# by 4qz748c5 | 2019-01-12 21:49 | ミコアイサ | Comments(0)

2018年12月27日隣県のG沼で、アメリカコハクチョウ2羽に出会えた。
(2019年1月10日再びG沼を訪れたところ、白鳥はオオハクチョウ4羽だけであった。)

e0385660_20120565.jpg

















e0385660_20122935.jpg

















e0385660_20125025.jpg

















e0385660_20132271.jpg

















e0385660_20135753.jpg


















中央はコハクチョウ

e0385660_20152089.jpg

















e0385660_20154878.jpg
















左から、コハクチョウ、アメリカコハクチョウ2羽、後ろ向きのオオハクチョウ


# by 4qz748c5 | 2019-01-11 03:59 | アメリカコハクチョウ | Comments(0)

隣県のG沼でコハクチョウに出会えた。
地元の町の白鳥PR資料では、飛来するのは主にコハクチョウでオオハクチョウも数羽いるとされているが、当日はオオハクチョウの方が多いように見受けられた。

e0385660_19582779.jpg

















e0385660_20025637.jpg

















e0385660_20032442.jpg

















e0385660_20040067.jpg
















灰色の鳥は幼鳥で、鼻先には採餌の際の泥が付いている。

e0385660_20042935.jpg

















e0385660_20050791.jpg

















e0385660_20053845.jpg



# by 4qz748c5 | 2019-01-10 03:14 | コハクチョウ | Comments(0)