<   2018年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

先日のヨシガモの撮影の日の天候は、曇りで時々陽がさすが、その時にはヨシガモが居ない
という状況が多かったので、陽がさす時の写真を撮りに出掛けた。
前方に多数の餌を採っているヨシガモが見えた。先日は川の左岸土手に居たが、今回は右岸
である。

e0385660_20590526.jpg
ヨシガモの一群が見えた。何と沢山の群れだ。

e0385660_20592075.jpg
時々餌採りを止めて警戒している。

e0385660_20593754.jpg
餌採りに夢中

e0385660_21023753.jpg

e0385660_21032668.jpg
警戒

e0385660_21041285.jpg
突然飛び立つ。

e0385660_21210113.jpg
暫くして対岸の土手で餌採りを始める。

e0385660_21211906.jpg
餌を採りながら段々と土手の上方に移る。

e0385660_21213461.jpg

e0385660_21214674.jpg

by 4qz748c5 | 2018-02-26 00:02 | ヨシガモ | Comments(0)

ヨシガモの写真を撮っていると、2羽が木の枝で視界が遮られた土手の上の方に飛び上がったが、
飛び去られるのを怖れ、その行方を確認しないでいた。
何やら騒がしいので、望遠レンズで覗いてみると、20羽を超える雌雄のヨシガモが土手の中腹周辺
で餌を採っていた。餌を採るのに夢中で人の姿を見ても逃げない。

e0385660_17170390.jpg

e0385660_17171793.jpg

e0385660_17172865.jpg

e0385660_17174099.jpg

e0385660_17175752.jpg

e0385660_17181279.jpg
このネコはヨシガモまで20mまでは近づけたが、それ以上の接近は出来ずにいた。

e0385660_17182436.jpg
上のような危険もあるので、時々一斉に摂餌を止めて危険の有無を確認していた.

e0385660_17183676.jpg
一斉に同じ方向を見ている。


撮影時間は夕方4時前であり、色温度をいじって太陽光線の赤みを消しております。
次回は土手の午前の食事時間を載せます。

by 4qz748c5 | 2018-02-25 05:59 | ヨシガモ | Comments(0)

2月に入り、そろそろヨシガモを撮っておかねばと、昨年末に居たというK川を4回、
そしてとうとう隣県まで訪れるも見つけられずにいたところ、ポタリングを楽しみなが
ら素敵な写真を発信してくれるブログYにヨシガモが集結していると掲載された。
その地点はなんとK川とその本流との合流点で、その直ぐそばを通った場所であった。
会えて良かった。
ブログYのBさん、ありがとうございました。

e0385660_16215527.jpg
左がメス 右がオス

e0385660_16221719.jpg

e0385660_16244335.jpg

e0385660_16250238.jpg

e0385660_16252053.jpg

e0385660_16253893.jpg

e0385660_16255154.jpg

e0385660_16260835.jpg


by 4qz748c5 | 2018-02-23 05:20 | ヨシガモ | Comments(2)

都内の公園の一角で、番いのバンが何やら騒いでいる。

e0385660_14204509.jpg

e0385660_14212737.jpg

どうやら、ヘビがバンの巣を狙っているようだ。

e0385660_14214005.jpg
攻防は続く。

e0385660_14220036.jpg

e0385660_14221792.jpg
ヘビが逃げ出し始めた。

e0385660_14230715.jpg
追い掛ける親のバン

e0385660_14232075.jpg
ヘビのお腹は膨らんでいないので、どうやら巣は守られたのか。


by 4qz748c5 | 2018-02-22 00:02 | バン | Comments(0)

フクロウの写真を撮っていると、時々野鳥の写真の撮り方をご指南下さるOさんが、
色鮮やかな大きな魚を狩っているササゴイの写真を見せて下さった。
フクロウが森の深くに入った後、同じ県内の川に出かけたところ、都内の公園では
ササゴイが80m先に居るのに対し、ここでは目の前で豪快に大きなオイカワを狩っ
ていた。

e0385660_13502668.jpg

e0385660_13512981.jpg

e0385660_13514214.jpg

e0385660_13515689.jpg

e0385660_13521109.jpg
多くはこの場でオイカワを飲み込んで狩りを続けるが、時には咥えて巣の方に飛び去ることもある。

この川では秋の大雨で川底の形や流れが変わり、2017年には目の前でササゴイがオイカワ狩りをす
る姿は撮りづらくなってしまった。
2018年に期待する。

by 4qz748c5 | 2018-02-21 00:05 | ササゴイ | Comments(0)

ササゴイの幼鳥がある程度育ってくると、自ら餌取りを行う。

e0385660_13235894.jpg

精一杯首を伸ばして餌取りに成功

e0385660_13241548.jpg
狙いを定めて

e0385660_13242664.jpg

e0385660_13243772.jpg

e0385660_13245299.jpg

e0385660_13251141.jpg

e0385660_13252882.jpg

e0385660_13254382.jpg
ブラックバスのようだ。

e0385660_13255532.jpg
飛んでいるトンボも器用に嘴で捕えて食べる。


by 4qz748c5 | 2018-02-20 05:18 | ササゴイ | Comments(0)

ササゴイの成鳥は美しいが、雛は親に似ず恐ろしい容姿である。
親は雛にせっせと給餌を繰り返すが、その様子は時に雛が親を喰ってしまうように見える。

都内の公園での情景
e0385660_11284250.jpg

親の帰りを今か今かと待つ雛達

e0385660_11285453.jpg

親が帰ってきた。

e0385660_11290680.jpg

e0385660_11293313.jpg
親が食べられそう。

e0385660_11294666.jpg
親は雛の口の中に頭を入れて給餌している。

e0385660_11301910.jpg

e0385660_11310909.jpg

e0385660_11313078.jpg
別の巣でも同じ光景が見られる。


by 4qz748c5 | 2018-02-19 05:57 | ササゴイ | Comments(0)